カテゴリ:旅行日記( 12 )

南米旅行日記 12日目

2月25日(土)

とうとう最終日。
うー、帰りたくない。。。

朝発のウユニ〜ラパスの飛行機に乗るため、まずは町にある航空会社のオフィスへ向かう。
なんだか慌ただしい雰囲気。
なんと!飛行機トラブルのため、運行できるか分からないとのこと!!!
今日の予定はウユニ〜ラパスへ行き、乗り換えてリマへ。夜にはリマから成田へ帰国するのでこの飛行機が飛ばなかったら大変!!
成田までの飛行機はキャンセルできる??とか今日泊まるところは??
とか一瞬考えるが、私たちの事だからなんとかなるだろう、という前向き思考が不安を消す。
1時間後に新しい情報をくれる、という事で待ち時間にカフェへ。
そしていつものアレを頼む。
飛行機が飛ばない可能性を忘れて美味しく頂く。

1時間後にオフィスへ戻るがまだ進展なし。
もう1時間後、ということでウユニの町を散歩。
ウユニの町の朝は少し遅いようで9時頃から屋台が出たりしていました。
(今まで泊まった町では6時には動き始めていました)
e0244442_13385530.jpg

再度オフィスに戻ると飛行機運行決定の知らせが!!
よかったー!
空港へ向かう。
飛行機がまだ到着していなかったので何もないガランとした空港。
他の飛行機も、何1つない。
e0244442_13375142.jpg


ここでも1時間ほど待つ。
待っている間に遊ぶ。
小さくなりたかったけど、ここではなりきれず。
やっぱりウユニ塩湖でないと。
e0244442_1341479.jpg


飛行機到着。
無事ラパスへ向かう。
本当は空港からラパス市街へ行く予定でしたが時間がなくなってしまったので乗り換えの待ち時間は空港内で過ごす。
もう1度カフェへ。もちろんア・レ!!
その後は空港周辺を散歩したりしながらフライトを待つ。

ようやくリマへ!
リマでは乗り換え4時間の待ち時間あり。
夜ご飯は空港内で頂く。
ここでは「セビッチェ」と呼ばれる魚介を塩とレモンでマリネしたものを頼む。香菜入り。美味しいーーー!!ずっと食べたかったのですが、高所では魚に恵まれず、やっとリマで食べれました。
あとはスープにパスタ。どちらとも美味!
e0244442_13462246.jpg

パインジュースも1日に何回も飲み過ぎだとは分かっていながらも、日本に帰ったらもう飲めなくなるし、、、と思ってやっぱり頼んじゃう。
最後のパインジュース。飲み納め。
しかし空港内のジュースだけあって今までの倍以上の値段。
色んな意味で味わいました。

そして23:35。成田行きの飛行機が離陸しました。
帰りは乗り換え1回の時間も含め30時間のフライト。
さよならペルー。

飛行機から朝日をみる。
e0244442_1346311.jpg


・・・・・・・・・
みなさん長い間ご愛読?ありがとうございました。
多くの方から楽しみに読んでるよ、とのお言葉を頂き嬉しく思っています。

ペルーとボリビア約2週間の旅。
たっくさん楽しんできました。
今までいった海外旅行では簡単な英語で特に不自由なく旅ができていたものの、今回は全く英語が通じなかったのでいつも経験しないような事がたくさんあり、それがとても新鮮で楽しかったです。
言葉を使って伝えることができなくても、伝えたい気持ちがあれば、笑い合える、歌い合える、そして思いを共有し、通じ合う事ができる、という事は私が想像していた以上にものすごいことで、何度も言葉、というものを思い、歌詞を伝える、ということを考えました。
いい旅でした。
また行きたい。
[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-16 13:56 | 旅行日記

南米旅行日記 11日目

2月24日(金)

快晴!!この日は風がなく、青空。
美しいウユニ塩湖が期待できそうです!!

朝ごはんを食べていたらツアー会社のお姉さんがきて、出発が9時に変更になったので、あと15分で迎えに来るから、との事。
10時出発で準備していた私達は急いで支度。
間に合いました。。。

車に乗り込むと日本人の方が5名。
今日はこの方達と相乗りのようです。
昨日と同じように、湖が近づくにつれ興奮。
この日のドライバーさんはサービス精神旺盛で、人気のないところへ連れていってくれました。

どこにいるか分からなくさせる夢の様な空間。
空にいるようでもあり、そうでないようでもあり。
ウユニ塩湖、本当に不思議な場所です。
またぜひ来てみたい。
e0244442_10241681.jpg

e0244442_9561383.jpg

e0244442_9564779.jpg


夕方、町の外れまで夕日を見に行くことにする。
歩くこと2,30分、地平線に沈む夕日の変化がものすごく綺麗に見えました。
e0244442_9582062.jpg

ふと、後ろを振り向くとこちらにもこんな景色が。
うつくしい。
e0244442_9583573.jpg


暗くなる前に町へ戻り、ローカルなごはん屋さんで夕ごはん。
炭火焼きチキンと、ご飯、フライドポテト。120円なり。
e0244442_9591514.jpg


食後に違うお店へ行き、お決まりのパインジュース、と思ったけどないとの事!
代わりにレモネードを頼んだら頼み方を間違えたのか大きなピッチャーで出てきた。。。
飲みきってホテルへ戻る。

楽しかった旅も明日で終わり。
明晩帰国します。
[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-16 10:49 | 旅行日記

南米旅行日記 10日目

2月23日(木)

5時起き。
荷物をまとめてタクシーでラパスの空港へ向かう。
道中に見えた夜明けの景色がものすごく綺麗だった。
30分くらいで世界一高所にある空港に到着。高さは4058m。
荷物を預けて、チェックインした後、時間があったのでカフェで手紙を書いたりする。
ここでも相変わらずパインジュース。飽きません。

途中でポストオフィスに切手を買いに行く。
窓口のおばちゃんと言葉が通じずここでもお互い身振り手振りで会話。
切手を買うだけでもすごく大変。
でも無事に買えました。

フライト時間が近づいてきたのでジュースのお会計。
23ボリだったので、チップを含めた25ボリをその場に置いて去る。
搭乗口に入ろうとした時、カフェの店員さんが追いかけてきてびっくり。
どうやら私が23と28を間違えてお支払いしてしまったよう。。。
危うく食い逃げするところでした。。。すみません。

そして、いざウユニへ!
20人くらい乗りのちいさなプロペラ機。
1時間くらいでウユニの空港に到着。
e0244442_9401523.jpg


ウユニではツアーをお願いしていたのでドライバーさんが空港でお出迎え。
ホテルに連れていってくれて、荷物を置き、ウユニ塩湖へ向かう。
途中で列車の墓場と呼ばれている所へ立ち寄りしばし遊ぶ。
落書きがいい感じ。
e0244442_9434756.jpg

列車の上に乗ったり。            ブランコに乗ったり。
e0244442_102603.jpge0244442_1082799.jpg





















おみやげ屋さんにも立ち寄った後、いざ!塩湖へ。
※ウユニ塩湖とは。
標高約3,700mにある南北約100km、東西約250km、面積約12,000km²の広大な塩の固まり。
雨期になるとその表面に雨が溜まり、「天空の鏡」と呼ばれるほど綺麗な湖になります。

湖の中に車がジャブジャブ入っていき、ぐんぐん進むと・・・
すごい景色になりましたーー
本当に鏡の様。
e0244442_1056862.jpg

塩湖で遊ぶ。
あれ?私、ちっちゃくなっちゃった!
e0244442_947566.jpg


数時間楽しんだ後、町へ戻る。
足が塩でカピカピになっているので1度ホテルで洗い流し、街歩き。
とても小さい町で、雰囲気があってすごく好きな感じ。
e0244442_10371495.jpg

広場のある辺りには屋台が出ていたりして楽しい。
手作りのポテチがものすごく美味しかった。
ご飯を食べてホテルに戻り就寝。
1日じゃ物足りず、明日もウユニ塩湖へ行きます!
明日も晴れますように。。。
[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-15 10:28 | 旅行日記

南米旅行日記 9日目

2月22日(水)

朝は久しぶりにゆっくり起床。
朝食を頂いてからラパスの旧市街地を散策。
サガルナガ通りを中心にお店がずらーっと並ぶ。
e0244442_1113584.jpg

電線が。。。
e0244442_1111578.jpg


ここ、ラパスは治安がよろしくない地域で、首絞め強盗と呼ばれている犯罪があったり、タクシーに乗ったら人気のない所へ連れていかれお金を取られたり、警察になりすました人が観光客に悪さをしたりなどなどが頻繁に起こっているとか。
行く前はかなりビクビクしていましたが、昼間は活気に溢れた町で特に怖がることもなく楽しく過ごせました。
お店を色々回り、カフェで休憩。
ここでももちろんパインジュース。美味い!!

ペンキ屋さんの通り。
布やさんの通り。
家具屋さんの通り。などなど、1本違う通りに入ると雰囲気が変わって面白い。
道端にはじゃがいもの皮をむいているおばちゃんもいました。

街歩きをして、少し早い夜ご飯。
ここでももちろんパインジュース!!飲み過ぎ。。。

今夜こそフォルクローレを聴きにいこう!ということで一度ホテルに戻り夜遊び前の仮眠。
夜歩きは絶対避けましょう。というのがラパス観光の常識。
22時にホテルでタクシーをよんでもらい、いざライブハウスへ!!
騒がしい道があったり、静まり返ってる道があったり。
ここを歩くのは怖いなー。なんて思いながらタクシーから夜の町の雰囲気を眺める。

ライブハウス到着!
タクシーが入れない道の先にあるので少し手前で下車。
ライブを聴きに行くこと自体が久しぶりなのでウキウキしながらお店の前までいくと。。。
開いてない。。。
ドアを叩く。
開かない。。。。
まさかのお休み!!!

急いでさっきのタクシーを追いかけるが間に合わず、なんと歩いてホテルまで帰る事に。。。
こ、こ、怖すぎ。。。
私1人だけ心臓バックんバックん。半べそかきながらきた道を戻る。
薄明かりの細い道でたまにすれ違う人にものすごい恐怖心を感じる。
ひぃー。
こんなに怖がっているのに、何を思ったかお店が22:30OPENだったのを思い出す。
もしかして、今なら開いているんじゃない??
という私の一言でもう1度お店に行くことに。

先ほどのお店に到着。
ドアを叩く。
やっぱり開かない。。。

タクシーで帰りたかったけど、それこそ運悪く変なタクシーを捕まえてしまったら危ないので、結局徒歩でホテルへ戻る。
久しぶりの恐怖感。
あー、怖かった。

何事もなくホテルに帰ってこれたことへの安心感が高まり、ホッとして就寝。
フォルクローレはまたいつか聴きにいこう。
[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-14 14:28 | 旅行日記

南米旅行日記 8日目

2月21日(火)

5時30分に起床。
荷物まとめて、朝ご飯頂いて、バスターミナルへ。
今日はバスでボリビアのラパスまで移動します。
ツアーではないので一気にボリビアの国境まで!
陸路での国境越えです。

窓から町を眺める
e0244442_945485.jpg


3時間ほどで国境に到着。
バスを降り、出国手続きをしに行く。
小さな建物というか中にはただ机が2つあるだけの小屋の様な場所。
机の上にはパソコンと出国スタンプのみ。一瞬で手続き終了。
歩いてボリビアへ。
付近には警察が2,3人いるものの、とてもゆるーい感じの国境。
無事ボリビア入国!!
e0244442_951942.jpg


ペルーとボリビアは1時間の時差があるので時計を1時間早める。
バスに乗り込みコパカバーナまで移動し、ランチタイム。
コパカバーナの町を少し歩き、お庭で食べれるお店を選ぶ。
ここでは3年生と中学1年生くらいの男の子がものすごくテキパキと働いていました。
家の手伝いなのか?それとも働きにきているのか?
何にせよ、言葉も通じない外国人(しかも大人)相手に物怖じせず一生懸命働いている姿が印象的でした。私が3年生の時に同じことができただろうか?

バスを降りた場所に戻りバスを待つ。
と、さっきと違う観光バスが到着。みんなすごい勢いで乗り込む。
私達はそんなに焦らなくても、、、と最後に乗り込んだのですが、、、
なんとさっきのバスより席数が少なくなっていたのか、私たちの分まで椅子がない!!
みんな座席数が少なくなっていることを知っていたのか?!
ラパスまであと3時間くらいまさかの立ち乗り???と思いましたが係の方が運転手さんの横の席に案内してくれました。
しかし1席分しかなかったのでぎゅうぎゅうに。。。
隣にいたラパス在住の親子も椅子ではない所にお座布団を引いて座っていました。

ただ大きいフロントガラスからの景色は抜群!
バスの1番前お勧めです!!
そして、初めてみました牛に注意の看板!
e0244442_955351.jpg


しばらくして湖を横断するために一旦下車。
ボートに乗り換えます。
e0244442_965414.jpg

大きなバスも船で横断。すごい。。。
e0244442_97861.jpg


またバスに乗り込みラパスを目指す。
隣の親子は良い雰囲気のご夫婦と3歳の女の子、シャルロットちゃん。
シャルロットは最初は恥ずかしがっていたけど、少し経つと仲良くしてきてくれました。
きらきら星を歌ってくれたので日本語の歌詞を教えてあげる。
両親が興味津々。一生懸命覚えてました。
その後はスペイン語のきらきら星を教えて頂き2か国語でみんなできらきら星を歌う。
会話は全くできないけど、一緒に歌は歌えます。素敵。
ラパスに着く頃にはシャルロットとはすっかり仲良しに。
笑い疲れるほどとっても楽しかった。
メールアドレスを交換しお別れ。
また会いたい。

仲良く遊んでいる時の道路状況。
ガッタガタ。
e0244442_972867.jpg


17時くらいにラパスの旧市街地に到着。
そのまま歩きでホテルへ向かう。
到着するが、ホテルがあいていない!!ドアをノックしても誰も出てきてくれない。。。
え?お休み???
隣のホテルに事情を話し、営業しているのか確認。
あいてた!!よかったーーーー。

深夜にライブハウスにフォルクローレを聴きに行く予定だったのでそれまで仮眠。
21時くらいに一度起きるが、2人とも体調がすぐれず、今後の旅を続けるためにもライブは我慢して睡眠をとることに。
早く元気になりますように。
[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-07 13:06 | 旅行日記

南米旅行日記 7日目

2月20日(月)

今日は予約していたツアーバスに乗りクスコからプーノへ移動する。
朝7時、ホテルにお迎えの方が来てくれ、バスターミナルへ。
バスに乗り込むと様々な言語が飛び交う。
スペイン語と英語で説明してくれるガイドさん。
同じことを2度言わなくてはならないから大変そうでした。

教会を見せてもらったり、ラクチ遺跡を見せてもらったり。
周りの景色ものどかで気持ち良し。
ただガイドさんの遺跡の説明は半分くらいしか理解できず。。。

ラクチ遺跡(聖なる神殿)
石組みの上の部分の土壁は泥や草の他にアルパカの毛も混ぜていたのだとか。
e0244442_1113391.jpg

バスからの眺め
街の壁、家の壁にはよく落書きが見られる。
(選挙前になると候補者の名前がよく書かれるそうです)
e0244442_10575358.jpg

しばらくしてからお昼ごはん(ビュッフェ)
フォルクローレの生演奏が流れる中、広がる景色とリャマを眺めながら頂く。
なんだかものすごくペルー。
e0244442_1101158.jpg


満腹になって再出発。
お次はこの日の最高所地点4338mで下車。
ちょどよくペルー・レイルが通過しました。
e0244442_114283.jpg

観光スポットの様でこの高所までにもおみやげを売りに来ている方達がたくさんいました。
周りに民家は見当たらないので、多分相当の距離を荷物を担いで登ってきているのだと思います。4000mもの高地で作物を育て、物を売り、生活をしている方達を思い、自分の生活をも思う。
e0244442_1104529.jpg


午後17時すぎプーノに到着。
勝手に田舎町を想像していましたが、ちゃんとした街でした。
プーノの皆さんすみません。。。
ホテルで少し休んでから街歩きをして、ご飯を食べに行く。
この日はフォルクローレを聴けるレストランへ。
広いお店でライブというよりはショー的要素が強い感じのお店。
音楽と交互に踊りもあり、両方とも楽しみました。
ミュージックチャージはどうなるのかな?と思っていたら、演奏者がステージから降りてきて自らお客さんのテーブルを回りチップ集め。
びっくり。

お料理はプーノはマスが有名、との事なのでマスの串焼きを注文。
インカのピザというものとスープも注文。やはりトマトが美味しい。
そしてこの旅行で飲みまくっているパイナップルのジュースも注文。
このパイナップルジュースが本当に美味しくて!!
わたし、パイナップルこんなに好きだったんだ、と発見。
ちなみにパイナップルはスペイン語でピーニャといいます。
名前も可愛らしくてますます好きに♡

音楽とお料理を楽しみホテルへ戻る。
そして就寝。
[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-07 11:35 | 旅行日記

南米旅行日記 6日目

2月19日(日)

クスコの夜明け。
朝からいいもの見させて頂きました。
e0244442_158225.jpg

今日は最初にサクサイワマン遺跡へ。
要塞だったとも言われているが真相はまだ分かっていないよう。
巨大な石がものすごく美しく積み重なる。
どうやってこれを・・・
e0244442_15174378.jpg

e0244442_159977.jpg

標高3600m。空が近い。
青空が石を更に美しく見せる。
e0244442_15115757.jpg

なんなんでしょうこの場所は。ものすごく良かったです。
タクシーの運転手さんとの時間の約束があったので、早足で戻る。
1日かけてゆっくり見たかった。

インカ帝国時代の首都クスコの中心部(アルマス広場)へ向かう。
(クスコとはおへそという意味だそうです)
広場に着くと、、、
なんと民族衣装を着た人たちが音楽に合わせて大パレード!
今は国全体のお祭り週間だったようです。
e0244442_15141281.jpg

この旅行中民家やレストラン、道路や車、至るところで風船や紙テープを見るなぁ、と思っていたのはそのためでした。
しかもこのお祭り期間中は誰にでも水や泡をかけてもいい、というのが特徴らしく(水かけ祭りともよばれているそうです)歩いていると水・泡鉄砲で遊んでいる子供達、そして大人たちをたくさん見かけました。中にはバケツで水をかけられている人も。。。
私達も歩いていたら何回か泡をかけられました。面白いお祭りです。

ホテルにチェックイン。
荷物を置いて街歩き。
ここもインカ時代の石組みが多く残っている街。
街自体が世界遺産に登録されているだけあって本当に美しい。

e0244442_15144190.jpge0244442_151511.jpg




















お店もたくさん並ぶ。
インディアンマーケットと呼ばれるいわゆる露店のようなお店では毛糸で編んだものや布が多くあり、店番をしている方のほとんどは(年齢性別問わず)そこで編み物を。
手の動きが早い!そしてうまい!!

あるお店で手紡ぎの毛糸を見つけ、色々だしてもらう。
売っているのはおばあちゃんで、お店には5歳のお兄ちゃんと3歳の弟が。
知っている少ないスペイン語(単語のみ)で会話をしながら2人としばし遊ぶ。
お兄ちゃんは名前を教えてくれたけど、弟はシャイの様で答えず。
代わりに踊りを踊ってくれました。
それが変な踊りだったのでみんなで大笑い。
楽しかったのでここでいくつか毛糸を買わせてもらうことに。
値段を尋ねると日本で買うのとあまり変わらない。
露店では(ペルーだけに限らず)値段を高めに言ってくるので、交渉して安く買う、というのが観光客の常識になっていますが、なんだかここでは言い出せず、言われた金額を手渡す。
ありがとうをして帰ろうとすると、おばあちゃんがさっき渡したお金を半分返してくれました。
びっくりした。
言葉は通じなくともお互いが同じ何かを感じられた気がした。
毛糸以上のお買い物。

いい気持ちでそのまま夜ご飯。
2日目のガイドさんがお勧めしてくれたインカ料理が食べれるお店へ。
入ると私たちの他に日本人のお客さんが2組。
気づけば流れている音楽もJ-POP!
その後も日本人カップルが2組、更に日本人グループが1組。
ここはどこだ??と思いながらも美味しく頂く。
写真はペルーのコロッケ
e0244442_15161720.jpg


明日は朝早くからプーノへ移動するのでホテルに戻り早めの就寝。
帰り道、アルマス広場の夜にて。
e0244442_15165020.jpg

[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-05 15:37 | 旅行日記

南米旅行日記 5日目

2月18日(土)

6時起床。
体調良し!健康一番!
朝ごはんも食べれる。(ペルーの朝ご飯はパンと卵、ジュースとコーヒーが一般的の様。大体ホテルを予約すると朝食もついてきます)

今日は本当はマチュピチュ村を散策する予定でしたが、もう1度マチュピチュへ行くことに。
朝早くにチケットを買いに行って、バスに乗り込む。
バスに時刻表はなく、乗客が何人か集まったら出発、というシステム。
少し遅い時間だったため(大体みんな5時にはマチュピチュへいっているそう)車内を見渡しても人は乗っておらず私達2人だけ。
しばし待つ。来ない。もう1度しばし待つ。誰も来ない。。。
やっと来てくれたー!!
出発!

マチュピチュに着いたら人が全然いなくてびっくり。
なぜ?なぜ?と思いながら(後で理由を知る)この日はINTIPUNK(太陽の門)というところまで登る。
石造りのすごくいい感じの道が続く。
途中で霧が出てきて風情を増す。

e0244442_11161866.jpge0244442_11164257.jpg




















少し歩くとこんなに大きな石が!

e0244442_11193717.jpge0244442_11195450.jpg





















1時間弱歩き、目的地のINTIPUNKに到着。
このINTIPUNKとはインカの人たちが街からマチュピチュへくる時に通ったインカ道の途中にあり、初めてマチュピチュを見下ろす場所になります。
しかし到着の頃には雨が本降りに。
霧でマチュピチュどころか何も見えない。。。
気長に待つ。待つ。
雨やまず。霧も濃さを増す。しかし私達が立っているこのINTIPUNKだけはお日様の光が。
だから太陽の門という名前が付いたのか?

しばらくすると雨が小降りになり、何やらマチュピチュらしきものがうっすらと。
そしてついに見えました!!
マチュピチュ全景!!(手前に見えるクネクネがバスで登ってきた道です)
e0244442_1120365.jpg

他に人がいなかったので2人ではしゃぐ、はしゃぐ。
あー、元気になってよかった。

ひと通りはしゃいで下山。
またマチュピチュ遺跡の中を歩きます。
やはり人が少ない。
e0244442_11211634.jpg

石切り場と呼ばれている場所。主にここの石を使ってこの遺跡を創りあげたそうです。
周りには建築途中のものもありました。
e0244442_11222470.jpg

リャマもいました。

e0244442_11225634.jpge0244442_11224280.jpg






















この日の午後に列車にのってクスコへと移動する予定だったので名残を惜しみながらマチュピチュにさよなら。また絶対来たい。

マチュピチュ村に戻ってきてお昼ごはん。
石窯焼きのピザ屋さんに入る。
こちらも人がいなく私達だけ。
e0244442_11233429.jpg

注文したら、薪割りから始まりました!
そこからなのね!びっくり。でも列車の時間まであまりないので少しあせる。。。
ペルーはトマトが美味しいのでトマトソースがすごく美味しい。
テーブルに置いてあった辛めのトマトサルサとにんにくソースをかけると美味しさ倍増。
たっぷりかけて頂きました。
ごちそうさまでした。

小走りで宿に戻ってチェックアウト。
駅へ向かおうとすると、フロントのお姉さんが列車走ってないよ。みたいな事をジェスチャーで教えてくれる。(ペルーではほとんどの場所で英語は全く通じません)
走ってない???
状況がよく分からなかったのでとりあえず駅へ。

その前に写真を。
まずはマチュピチュ村
e0244442_1125104.jpg

泊まったお宿。風邪を引いた時は本当に親切にして下さいました。
e0244442_11254930.jpg

ペルー・レイルの駅
e0244442_11262313.jpg


駅につくと現地の方が集まって駅員さんに何か聞いてる模様。
その周りにもずっと待ってます、みたいな座り込んだ観光客の方達が。
動いてないの??
なんと昨日、一昨日から列車のすぐ横を流れるウルバンバ川が増水して列車が動いていないとの事。そのため何百人もの方達がマチュピチュに来る事ができなかったそうです。なんとも!
それで人が少なっかたのか、と納得。

さて、今日はどうなるのか?動くのか??
駅員さんが待ってて、との事だったので待つことに。
待つこと4時間。列車が動くことに!!
みんなものすごい勢いで乗り込む。私達も乗れなかったら困るので急ぐ。
川の状態がどうなっているのか全く情報がないまま出発。
外は真っ暗なので自分の目で確認することもできず。
途中でバスに乗り換え約4時間後無事にクスコへ到着。良かったー。

バスターミナルでタクシーを拾い、予約していたホテルへ。
ホテルに着き部屋のドアをあけたら窓一面クスコの夜景が!!
なんて、まぁ素敵!!
しばし夜景を楽しみ就寝。
e0244442_1127868.jpg

[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-04 15:01 | 旅行日記

南米旅行日記 4日目

2月17日(金)

昨晩は熱と吐き気でふらふら。
朝までには治りたい、と思っていましたがさすがに熱は下がらず今日のマチュピチュ、そしてワイナピチュへの登山は断念。
おとなしく寝ていることにしました。
なぜ今日ーーーー!!
風邪なら余呉でもひけるのに!!

ですが優しい介護のお陰で夕方までにはかなり復活。
喋れるし、お腹もすくようになる。
おかゆが食べたい所だけど、夜はトマトスープを食べに行く。
美味しい。

明日は回復していますようにと願いながら早寝。
[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-04 13:33 | 旅行日記

南米旅行日記 3日目

2月16日(木)

昨日のオリャンタイタンボ村が素晴らしかったので、今朝も早起きをして散歩をする。
5時に起きたらもう外にはたくさんの人が働いていました。
ペルーのみなさんは早起きの様。

あー、オリャンタイタンボ、素敵な村です。
石がものすごくかっこいい。
e0244442_1011138.jpg

角のL字型の石の使い方。素晴らしいの一言。
e0244442_1014924.jpg

街でも村でもよく犬を見かけました。

e0244442_10225668.jpge0244442_10245583.jpg



















しばらく村を歩き、宿へ戻り、チェックアウトして、マチュピチュへ!!
マチュピチュへ行くための唯一の交通手段ペルー・レイルに乗る。
ここが始発なのですごい人。
みんなを乗せて出発!
e0244442_1064043.jpg


左には険しい山々とウルバンバ川。
e0244442_10393074.jpg

右には民家や畑が広がる。

e0244442_10554617.jpge0244442_1056723.jpg



















線路のすぐ横を流れるウルバンバ川は、雨季なのでものすごい量。
激しい濁流。怖い。。。
e0244442_107237.jpg


2時間程でマチュピチュ村に到着。
早速この日の宿へ向かい、荷物を置き、レストランでご飯を食べて、念願のマチュピチュへ!!!マチュピチュが近づいてきましたー!
マチュピチュへはくねっくねの山道をバスで20分くらい乗っていきます。
興奮の為しばらく気づきませんでしたが、道は舗装されていないすぐ横は崖の細い砂利道。
運転手さんは慣れているのでしょうが、結構なスピードで走ってました。
気づいてちょっとビクビクする。
でもなんのその!マチュピチュはすぐそこ!!
やっと入り口がみえました!
マチュピチュ内にはトイレがないため、ゲートに入る前に有料トイレ(1sol=27円)に行き、とうとうGATE IN!!足取りが軽い!!
小雨が降っていたけど気にならず、少し歩くと。。。

見えましたーーーーー!!
e0244442_1075473.jpg

なんと表現していいか分かりません。
写真では何度か見たことがありましたが、やはり写真からだけでは感じ得られない大きなものがここにはありました。
素晴らしい。
e0244442_12343150.jpg


昨日のオリャンタイタンボといいマチュピチュといい、この石の使い方。
インカ時代の人々の美意識とは如何に。
何が故にこんなにもきれいに創り上げていくことができるのか。

e0244442_10323222.jpge0244442_12204241.jpg









e0244442_1221049.jpge0244442_10383718.jpg




























こんな急斜面に段々畑。
e0244442_12215279.jpge0244442_12223568.jpg



















耕す。
e0244442_12231016.jpg


遺跡に大興奮しすぎたせいか、2,3時間歩いていたら気分が悪くなってくる。
でもこの場に身を置いていたいの一心でがんばって歩く。
そしたらなんと虹がうっすらと!!ひゃっほーい!
一瞬体調悪いのを忘れる。
e0244442_1553357.jpg


虹を楽しんだ後はまた具合が。。。
このままだと歩けなくなりそうだったので閉館時間より前にマチュピチュを離れ、お宿へ。
少し横になったら治るかな、と思いきやそのまま一気に具合が悪くなり、そのまま寝こむ。。。
ぐえっ。

マチュピチュ1日目はこうして始まりました。
[PR]
by ayuko0729 | 2012-03-03 13:48 | 旅行日記
official site

音 織 (おとおり)


琵琶湖の北、余呉で生活しながらJAZZを歌っています。


>> 過去のブログはこちら


カテゴリ

全体
日記
ライブスケジュール
お知らせ
旅行日記
その他

最新の記事

HPをリニューアルしました!
at 2015-09-16 14:54
ムーンライトコンサート
at 2015-09-06 23:45
安土ライブの御礼
at 2015-08-26 22:40
木之本で合唱部始めます!
at 2015-07-24 10:36
8月8日久しぶりに歌います!
at 2015-07-17 17:10

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

検索

人気ジャンル

記事ランキング

画像一覧